女性は妊娠すると女性ホルモンのバランスが崩れて、抜け毛や薄毛で悩むお母さんも少なくありません。

また、ピルなどの経口避妊薬を飲んでいる方も抜け毛や薄毛になることがありますが、ある時期を過ぎれば抜け毛は減るのでそれ程心配する必要はないです。

産後抜け毛の原因ってなに?

『赤ちゃんを産んだ後にどっさりと髪の毛が抜けた』。こんな経験をしている女性は少なくありません。

この原因は女性ホルモンが影響していると言われています。

女性には「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンがありますが、妊娠中はこの2つのホルモンは増加します。

しかし、出産後は減少することで抜け毛が増えると言われているんです。

ですが女性ホルモンの影響だけでなく、産後に抜け毛が増える原因はいくつかあるので見てみましょう!

髪へのストレス

産後抜け毛に悩んでいると「いつまで抜け毛がするの?」って、不安になると思います。

この不安が体のストレスとなり髪にも影響を及ぼすのです。

そうするとストレスがストレスとなりさらに抜け毛が進行する。と言う「負のスパイラル」に陥ってしまう可能性があります。

慣れない子育てによるストレス

赤ちゃんが生まれることが嬉しいことなのですが、お母さんにとっては精神的にも肉体的にも辛い期間ともいえます。

赤ちゃんの時は昼夜関係なくオムツを変えたり授乳をしなければなりません。

特に夜中は大変。数時間おきにオムツ交換と授乳に追われてストレスや睡眠不足が続きます。

これらが日々の育児で蓄積されることによって、体の血流が悪くなり頭皮にも栄養が行き渡らなくなり抜け毛が増えるんです。

産後の抜け毛はいつからいつまで?

産後の抜け毛はいつまで続くのか気になりますよね。

人それぞれ体質やストレスによっても違ってきますが、一般的には産後2~3ヵ月後に現れると言われています。

その後、多くの方が半年もすると抜け毛が改善されますが、中には1年も抜け毛が続く方もいらっしゃいます。

そこで、少しでも頭皮のストレスを軽減するために「ヘアサイクル」を知っておくことも大事です。

産後の抜け毛になっても、必ず一定のサイクルで髪の毛が生えてくることがわかれば、大きなストレスになることはないですからね。

成長期(髪の毛が生える時期)2〜6年

髪の毛を作る細胞が活発な時期で、毛根の根本でどんどんと髪の毛が作られます。

一説には、髪の毛全体の約80~90%がこの時期につくられると言われていくらいです。

退行期(髪の毛が抜ける時期)2〜3週間

成長期を終えた髪の毛は次のステージ「退行期」に移行します。

この時期になると髪の毛を作る細胞の働きが衰え、髪の色を決定する色素細胞も衰退していくのです。

休止期(髪の毛が生えるまでの休みの時期)2〜3カ月

最後のステージが「休止期」になります。

この時期は髪の毛を作ることをストップする時期で、今生えている髪の毛が古い順に抜け落ちる期間です。

妊娠後期になると女性ホルモンが増加するので、髪の毛がどんどんと作られます。

しかし、出産をきっかけにこの女性ホルモンが減少し、バランスが崩れるのでどんどん作られていた髪の毛は一気に休止期に入り、抜け毛が増えるようになるんです。

これがいわゆる「産後抜け毛」のプロセスなんですね。

まとめ

特に初めて赤ちゃんを授かった女性は、産後に髪の毛が抜けると驚き不安になると思います。

そして「なんで髪の毛が抜けるの?」「いつまで抜けるの?」と言う不安がストレスとなり、さらに抜け毛が増えてしまうんです。

ですが産後の抜け毛はほとんどの女性が経験することで、特別な事でも病気でもありません

焦らずに生活のリズムを整えて、ストレスを軽減しながら「半年もすれば治まる」って気長にリラックスしながら過ごす事が一番ですよ。