脱毛症じゃなかったにせよ、痩せていて細い髪ならば、ボリュームが貧弱になるので、現在の年齢にくらべて上の方に見えてしまうということがあるものです。

これ以外にゴワゴワとパサついて傷んだ髪であるのなら、先方に良いイメージを持たせることなど不可能です。

髪というのはイメージを一気に影響を及ぼす大切な要因となっています。

適正なヘアケアをして、いつになろうとも綺麗な髪をキープするために必要な予防・対策を意識した方が良いでしょう。

髪が成長するサイクルを知ろう

適切なヘアケアを実践するために、とりあえずは髪が生育するメカニズムを認知することが重要です。

髪の種が頭皮内でできあがり、髪の毛が発毛してから抜けて無くなるまでのサイクルを「ヘアサイクル」と言います。

これらのヘアサイクルにおいては、「成長期」「退行期」「休止期」の3ステージが存在します。

成長期というのは、毛母細胞の分裂が盛んで、毛球部で髪の毛がグングン産生される期間になります。

おとな1人あたりの髪の数量は通常10万本だとも想像できますが、そのうち85~90%が成長期の段階であるとのことです。

成長期というのは、一般的に考えて2~6年でその次のステージへと移ります。

次のステージは、退行期になります。これらのステージに入り込むと、毛母細胞の細胞分裂が消耗して行って、毛髪のカラーに影響を及ぼす色素細胞の働きも低下します。

そうして、約2~3週間でさらにその次のステージに移ります。

最終的には、休止期になります。

毛母細胞の分裂がストップし、毛髪の誕生も止まります。2~3カ月費やして、再び成長期に移っていきます。

古い毛髪は1日あたり平均60本、時と場合によっては100本くらい抜けて無くなるといわれているようです。

髪の健康への影響とは?

抜け毛を減少させてくれるには、頭皮を健やかに保つことが欠かせません

以下にあげた注視すべき点を活かして、賢いヘアケアをするといいでしょう。

血行不良はNG

髪の細胞へ豊富な栄養分や酸素が与えられなければ、適正に細胞分裂が困難で、髪というのは育成できないです。

毛母細胞へ栄養分や酸素を運搬するのは血液になります。

したがって頭皮の血流を促進することこそが、脱毛をストップする糸口という訳です。

刺激の強いヘアケアはNG

頭皮マッサージは血の巡り向上を手助けすることになりますが、強すぎる圧をかけるっていうのは禁止です。

さらに、頭皮マッサージ専用の商品を利用する際には、頭皮を傷付けてしまう確率が高い金属製のアイテムというのは外して、頭皮に刺激の少ない素材のものを利用することが良いと思われます。

ストレスはNG

メンタル的なストレスを実感した際に生み出される「コルチゾール」といったストレスホルモンは、活性酸素を発します。

活性酸素というのは毛髪の育成においてはダメージを及ぼすと言われていて、常日頃より、ストレス解消を心がけることも肝要です。

頭皮の脂はNG

頭皮が脂で薄汚れていたり、毛穴に皮脂が詰まっているなどしたら活き活きとした髪の毛が成長しません。

頭皮の炎症にだってつながるから、肌の状態にあうヘアケア商品で賢明に頭皮を小綺麗にキープしましょう。

栄養不足はNG

髪をつくりあげる栄養においては、たんぱく質、アミノ酸、亜鉛、銅などが注目を集めています。

脱毛を阻止するには、ただ単にそれらの物をいっぱい食べたら良いと言うわけでは無いでしょう。

身体全体の栄養成分状態が髪においても影響を与えるから、バランスのとれた食事メニューを気に掛けることを意識しましょう。

紫外線はNG

強い陽射しを浴びせられると、活性酸素を発生させます。

強い陽射しを浴びた頭皮というのは悪化し、髪が抜けやすい状態になっています。

出かける時については、通気性の良いキャップや日傘などを利用して、強い陽射しを抑止した方が良いでしょう。

ヘアケアのし過ぎが、ダメージヘアの原因?

ヘアケアというのは大事ですが、必要以上にやり過ぎることもさらに止めるべきです

仮に、頭皮環境をスムーズにするためにシャンプーというのは大切ですが、1日に何回もするっていうのは逆効果です。

頭皮の脂だったりが無くなり過ぎる可能性があるでしょう。

あなたの頭皮タイプにちょうど良い、バランスの良いシャンプーの回数を把握しましょう。

また、シャンプー後、タオルドライをした後でドライヤーで乾燥させると、髪に対するダメージが少なく済みます

しかし、タオルドライ時にガシガシと強く乾せると、髪のキューティクルがキズつきます。

乾燥したタオルで髪をはさみ、ポンポンってやんわり拭き取ることを意識しましょう。

ドライヤーの用途においても注意が必要です。濡れた髪というのは素早く乾燥させることが効果的。

髪ではなしに、頭皮を乾燥させる感じに意識してちゃんと乾かしてください。

パサパサ髪を改善する手入れの方法

ヘアケアに注意していたとしても、痛んでパサついた髪のメンテというのは、どうやったら良いのですか。

とりあえずは、シャンプーのやり方を工夫してください。シャンプーを泡を立ててから、頭皮をマッサージするように洗うことがもってこいです。

シャワーは下から上へ、毛の流れに反するよう努めると、髪に対するダメージが少なく済みます。

髪の乾かし方においても気をつける必要があります。

濡れた髪というのは緻密で、かなりの時間、そのままにしないことを意識しましょう。

また、ドライヤーをかける時は、頭皮や髪をやけどさせないように、吹き出し口から20センチ前後離すことが重要です。

適正なブラッシングで、髪のダメージをストップさせることだって行なえます。

ドライヤーが終わったらきちんとブラッシングを行なうと、頭皮の皮脂が全面に行き渡り、髪にツヤが出てきます。

絡まりやすい毛先からとかし、そのあと、数回に分けて、頭頂部から毛先まで徐々にブラッシングをしてください。