ある程度まで髪の長さがあるのであれば、ヘアゴムを活用する機会というのは結構あります。

家事を行なうときに髪を結んだり、ヘアスタイリングのセットが手が掛かる際にカンタンにまとめ上げられたりと、それらの使用目的というのはさまざま。

しかしながら、このヘアゴムが影響を及ぼして薄毛が引き起こされる危険があるという事を知っていましたか?

髪や頭皮に負担大?NGなヘアゴムの使い方とは?

よっぽどのショートカットでもないならば、大半の方はヘアゴムを利用する経験があると思われます。

アレンジヘアにおいても必要不可欠ですし、何と言ってもお手軽なところも一役買います。

アレンジだけに限らず、ヘアスタイリングのセットがわずらわしい時に楽にまとめあげられたり、うざったい時に結んだり、とにもかくにも使いやすいアイテムだと言えますね。

しかしながらこういった機能的なヘアゴムが、打って変わって薄毛の可能性を際立たせるリスクもあるんだとか!

ヘアゴムの使いみちを一度失敗すると、髪も頭皮もボロッボロになってしまうこともあるそうです!

なにより注意したいことは、ヘアゴムで髪を結んでいる時間です。

ヘアゴムの引っ張る力によって髪の毛が引っ張り込まれ続けているので、髪表面のキューティクルが痛みがちになると思います。

あまり長時間活用していると生え際に負荷が掛かり、頭皮にマイナスが出てしまうのです。

頭皮の内側には髪に栄養を摂らせるために必要な細い毛細血管が存在しているので、頭皮に対するダメージがこの毛細血管を悪化させてしまうことなどもあり、薄毛が進行してしまうでしょう。

時々はナチュラルな状態に戻すなどによって、頭皮を休息させてあげましょう。

とりわけくせ毛の方はきつくまとめがちなので、シュシュといったものや、緩めのゴムでまとめるのがピッタリです。

濡れた髪はとくに危険!

これ以外に、お風呂上りに髪の毛をまとめることを考えてヘアゴムを利用するケースでも気をつける必要があります。

濡れた髪というのはダメージを受けやすく、水分に影響されて引っ張る力が加わってしまうので、より頭皮に対するダメージが広がります。

ヘアゴムと濡れた髪が絡まると、ブチブチと抜け落ちたり、切れたりするリスクもありますから、タオルなどを利用してまとめることが良いのです。

さらに、ヘアゴムのタイプにも意識してください。

簡単に説明するとヘアゴムの一部分に金属が活用されているタイプのもの。

金属部分と頭髪が絡まって抜け落ちたり切れたりすることがあると考えます。

金属だけじゃなく、デコレーションが一緒になっているものも絡まりやすいから気を付ける必要があります。

髪や頭皮に負荷をかけないよう、ヘアゴムの使用方法や選択方法に意識を向けたほうが良いでしょう。